最高の営業ツールの名刺を活用し営業成績を上げる仕組みを提供「名刺財産化」

あなたの名刺を見直しながらUSPを見つけ出す個別相談会

fee3000_lp.jpg

あなたはこんなふうに悩んでいませんか?

 自分のやりたいことが見えてこない

 自分の強みが何なのか分からない

 交流会などに参加してもその場限りになってしまう

 商品には自身があるけどどう広めたらいいか分からない

 人から言われるままについ動いてしまう

 自分が今、本当にやりたいことが見えてこない

 頭の中にはアイデアが渦巻いているけどまとまらない

 コミュニケーションが苦手て会話のきっかけが掴めない

 毎日が忙しくてやりたことに手が付かない

 協会やコミュニティの縛りが強くて自由に動けない

など

 

 

 

その悩みを解決します!

 

個別相談会に申し込むと

個別相談会


[営業のヒント]お客様の問題とは?算数で考えると…?

mag_sales_hint.jpg
「営業のヒント」第4号(メルマガ通算1577号)
◎本日の営業のヒントは、
『お客様の問題とは?算数で考えると…?』


おはようございます。^^
「営業のヒント」第4号です。


あなたにお聞きしますね。
営業が「お客様の問題って何?」
と聞かれたらどう答えるでしょうか?



それが分かれば苦労はない!

とか・・・

そんなこと最初っから分かりきってる!

とか・・・

問題は探し出すもんだ!


とか、まぁいろいろと
ご意見ありそうですね。


ただ、はやり
難しく考えると、それだけで
問題を余計複雑にしたり

反対に、覆い隠されたりしたり
するもんでしょう。


だから
シンプルに考えてみると
こんな簡単な式が出てきます。


「お客様の問題=
 お客様が求めている理想 
 ーお客様が直面している現実」



そして営業マンであるあなたが
すべきことは、理想と現実。

この2つをお客様から
聞き出すということ。


聞き出せて、理想と現実が
この式に埋め込まれたら
解決する問題が見えてくる
ことに近づきます。


気をつけたいのは、
聞き出した内容が必ずしも
正解ではない!ということ。


お客さんだって、自分のことが
わかっていたたら、すでに自分で
解決しているはず。

そこが見えていないから
悩んでいると考えて構いません。

そして、その問題を解決して
くれるのは、紛れもないあなたです。

そう、あなたになるんです。



だから、必死になってお客さんの
一言一言に耳を傾け、

大事なキーフレースを聞き逃さないよう
全身全霊で耳を傾けましょうね!


■今日の営業にヒントは?
お客さんとのヒアリングでの傾聴は
お客さん自信が理解していない
問題を掘り起こすことに繋がるんですよ!


では、また来週をお楽しみにm(^_^)m

名刺財産化コンサルタント
松元

………………………………………
■掲示板1
 今週の講座・シェア会予定
………………………………………
◎11月残りの講座は参加費無料です。
(会場は福岡市の天神です)

11月29日(金)18時00分~20時
個人営業・起業家向け/名刺交換&シェア会
  ↓ ↓ ↓
https://matsumoto-biz.com/img/meishi_share.jpg

お申し込み
 ▼
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOizkbg


………………………………………
■掲示板2
 こちらのメルマガはいかがですか?
………………………………………
▼毎週水曜日8時「週刊メルマガ」の
 ご登録はこちらから。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=akqUyXz

▼毎週木曜日8時「名刺のチカラ」の
 ご登録はこちらから。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTmdtmA


では、また来週をお楽しみにm(^_^)m
名刺財産化コンサルタント
松元



営業プロセスの相談


今回の記事があなたのお役に立ったな♪
と思われたらポチッとをお願いします!
710695





「営業のヒント」「きく」のどの態度で次に繋げるか

mag_sales_hint.jpg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「営業のヒント」
 第3号(メルマガ通算1573号)

◎本日の営業のヒントは、
『「きく」のどの態度で次に繋げるか』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。^^

「営業のヒント」

第3号です。


先週は「きく力」について

なぜ「きく」をひらがなにしたか?


そして、「きく」の先にあるもの。

ここが見えると営業している時間が

どんどん楽しくなってきますよ!


というところまで書きました。




まずひらがなにした理由は

「きく」という態度には大きく

3種類あるということが挙げられます。



「聞く・聴く・訊く」

(利くもありますが除外します)



それぞれの意味合いはあなたなら

すでにご承知だと思いますが、


「聞く」
音や声を感じとる。その内容を知る。

「聴く」
注意して耳に入れる。傾聴する。

「訊く」
たずねる。問う。



どの態度で目の前の人と話すかで

その後の話に繋げられるかが

決まってきます。



ただ楽しく会話を続けるだけの

「きく」と


次の話しをどう展開していくかの

「きく」と


仕方なく「きく」と



それぞれの意味合いが変わること、

イメージできると思います。


私がずっとコンサルしていく中で

この3種類の「きく」は

もっぱら「聴く」が中心になってます。


この態度で相手の話を聴くと、


用意していた質問がそのまま使えるのか?

それとも、質問の仕方を替える必要があるか?

まったく違う方向に話を持って

行かないといけなくなるのか…


こうしたことを同時に頭の中で

判断しながら、相手が求めている

内容(ニーズ)を確認しています。



必要があれば、メモも取るし

どうしても理解できないときには

話の途中でも質問したりすることも

少なくありません。



こうすることによって

目の前の人は


「ああ、真剣に私の話を

 真剣に聞いてくれているんだ」


と安心してもらえるますので

少しずつ話しの本質に迫って

行くことができます。



もしあなたから、自分のことを

先に話してしまうと、この態度は

きっと取れませんので、思い当たる

フシがあるようでしたら、少し我慢して

「聴く」という態度を示してみては

いかがでしょうか。




■今日の営業にヒントは?

どの「きく」を意識して対話を

するかで、相手の反応もきっと

変わります。


あなたはどの「きく」で

仕事を進めようと思いますか?




では、また来週をお楽しみにm(^_^)m

名刺財産化コンサルタント
松元



営業プロセスの相談


今回の記事があなたのお役に立ったな♪
と思われたらポチッとをお願いします!

710695











Copyright © 最高の営業ツールの名刺を活用し営業成績を上げる仕組みを提供「名刺財産化」 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
 

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3